ローヤルゼリー

喉が痛い時にもプロポリス

寒い季節に入ると、風邪やインフルエンザなどが心配である反面、喉の痛みや乾燥にも気を付けたいところです。
口の中は一年中雑菌が多い場所ですから、ちょっとしたケア忘れがトラブルに繋がることもあります。

「お口の悩み」といっても、虫歯や歯槽膿漏など深刻なものもあれば、喉や舌の痛み、口内炎などちょっとしたトラブルまで幅広くあります。
中年期以降は口臭への心配もしなければなりませんが、口臭も放置しておけば周りに迷惑をかけ、マナーに関わる問題にもなります。
このように、口の中は健康だけでなく身だしなみにも関わる重要な場所なのです。

サービス業も含め、「話す」ことを職業としている方にとって喉はとても大切な部分です。
声がかすれたり、出なくなっったりしてはお仕事に関わってしまいますから、普段からまめにケアを行う必要があります。

口の中や喉のケアにぴったりのアイテムといえばやっぱり「プロポリス」です。
プロポリスは、ミツバチが集める樹液から生成される特殊な物質で、ハチ達が自然界のウイルスや雑菌から巣を守るために作り出すバリアーの役目を持っています。
このプロポリスを直接摂取すれば、喉の痛みはもちろん風邪を予防したり、口の中に繁殖する雑菌も減らしたりして清潔な環境を作ることができます。

プロポリスはにおい・味ともに非常に独特ではあります。
原液が苦手な方にはスプレータイプやキャンディ、サプリメントなどさまざまな製品が登場しているので、自分に合ったものを使うと良いかと思います。

プロポリスの抗炎症作用や抗菌作用を実感するためには、まずは普段からこまめにプロポリスを口にすることが大切です。
原液をお湯に垂らしてうがいをしたり、プロポリススプレーを口の中に一吹きしたりなどして、普段から喉と口の中をケアしてあげましょう。
「プロポリス歯磨き粉」で歯磨きをするだけでも、お口の中へのケアになりますから、自分に合った方法で口内環境を改善していくことが大切です。

このページの先頭へ