ローヤルゼリー

妊娠中・授乳中のプロポリス摂取について

健康志向が高まりつつある昨今、健康のためにプロポリスを摂取している方も少なくないと思います。
プロポリスは、お子さんや妊娠中の女性には摂取してはいけないものとして考えられています。
特にデリケートな妊娠中の女性は、プロポリス摂取はできるだけ控えることをおすすめします。

なぜプロポリスを止めなければならないかというと、妊娠中のプロポリス摂取については未だ安全性が確認されていないからです。
また、胎児や母体はもとより、出産後の赤ちゃんへも何らかの影響が出ないとも限りません。
プロポリスは、まれにアレルギー反応を起こしたり、下痢や胃腸への負担をかけたりという問題点が指摘されています。
そのため、胎児へ免疫力や栄養分を与える妊娠期間は特に摂取を注意しなければなりません。

単純に考えても、妊娠中はお母さんだけの身体ではありません。
生まれてくる赤ちゃんの安全を考えることは第一です。
喫煙や飲酒などの生活習慣を改めることはもちろんですが、妊娠前からサプリメントを摂取する習慣のある方は、少しでもリスクを軽減するため、サプリメントなど健康食品全般についても摂取を止める必要があります。

プロポリスは自然由来の食品なので安全だろう、と自己判断をしても、大切な赤ちゃんへ悪い影響が出てしまっては大変です。
犬や猫などの小動物にはプロポリスを摂取させることができます。
しかし、1cc程度とごくわずかな量で済んでしまいますが、一度に大量に摂取しなければ、胎児に影響が出ないというわけでもありません。

もしもプロポリスの影響について心配であれば、産婦人科を受診して説明を聞いてみることをおすすめします。
アレルギー疾患をお持ちのお母さんは、特にプロポリスの影響を受けやすいと考えられていますから、お腹に赤ちゃんがいる場合は特に注意が必要です。

すでにプロポリス製品を製造・販売しているメーカーのほとんどが、妊娠中の摂取を禁止しているということもあります。
したがって、妊娠中は用法・用量をよく読み、指示に従って摂取を控えることをおすすめします。
みなさんもプロポリスで健康生活始めてみませんか。

このページの先頭へ