ローヤルゼリー

ブラジル産のプロポリスとは

健康志向の方に広く知られる「プロポリス」は、南米地域の中でも特にブラジル産のものが良いと言われています。
ブラジルは、南アメリカ大陸に存在する広大な面積の国家ですが、熱帯気候下にあって多様な生物が生息する豊かな自然環境があります。

ブラジルは以前から外国への輸出用商品として、プロポリスの採取に非常に力を入れています。
特に人の手の入っていない自然環境の中で育つミツバチは、他の地域の個体よりも身体に害を受けておらず、それだけ質の良いプロポリスが作られていると言われています。

ブラジル産のプロポリスは、特にミナスジェライス州やパラナ州で採れたものが最高と言われています。
この地域では、コーヒーの栽培や鉱物の採掘も盛んに行われており、非常に豊かな自然環境が存在していることが確認できます。

上記の地域以外にも、プロポリスの生産は各地で行われています。
ブラジルは、日本やヨーロッパと比べても気候が温暖であり、かつ自然がそのまま残されている地域が多いです。
そのため、汚染や添加物の心配もなく安全性が高いことも特徴の一つと言えるでしょう。

アメリカやヨーロッパ地域、オーストラリアなどでもプロポリスの生産は行われています。
しかし、現在のところブラジル産がもっとも品質が高く、信頼に足る製品と言われています。
実際に、プロポリスに含まれているフラボノイドやケルセチンなどの量を比較しても、ブラジル産のプロポリスがもっとも多く含有されており、品質の確かさを伺わせます。

ブラジル産のプロポリスを手に入れるには、インターネットの販売店をはじめ、大手ショッピングサイトからでも簡単に購入することができます。
南米ならではの果実「ノニ」と組み合わせたアイテムや、独自の飲み方アドバイスなども参考にできます。
健康のためにプロポリスを摂取しようと考えている方は、ぜひインターネット通販などを利用して、本格的なブラジル産のプロポリスを試してみてはいかがでしょうか。
こちらでは世界中のプロポリスを比較しているので、興味がある方はご覧になってみてください。

このページの先頭へ